在宅ワーカーの月収は月5万円以下

在宅就業調査報告書に基づく在宅ワーカーの収入平均

 

実は在宅で副業をしている方は意外と多いのです。実際どれくらい稼いでいるのでしょうか?厚生労働省委託事業「在宅就業調査報告書」によると、在宅ワーカーの月収は5万円以下となっています。人数の割合としては在宅ワーカーの約3割です。

 

その他の割合としては、月収6〜9万円が18%、10〜19万円が18.5%となっています。10万円を超えてくると流石に知識や技術が要りそうなので、まず5万円を目指してみましょう。始めたばかりでは1万を稼ぐのがやっとかと思いますが、上手くいけばどんどんその金額を増やしていくこともできるはずです。

あなたが作業できる時間と収入はイコール

これは当たり前のことですが、副業に1日1時間しか使えない人と、3時間使える人とでは、収入に大きな差が出ます。

 

最初は特に、知識を仕入れたり実際にああでもないこうでもないとやってみる時間も含めなる必要があるので、更に多くの時間が必要となります。

 

最初から、短時間で高収入というのはあり得ません。ネットの悪質な広告に騙されないよう、注意してください。