便利で安いゆうゆうメルカリ便とは

便利で安いゆうゆうメルカリ便とは
(※画像はイメージです)

 

 

メルカリの発送の仕方で安い発送の仕方にゆうゆうメルカリ便というものがあります。

 

らくらくメルカリ便とは異なる点、郵便局が配達をする方法になります。

 

値段はらくらくメルカリ便が最安値で195円に対してゆうゆうメルカリ便は175円で配達ができます。

 

加えて、厚さもらくらくメルカリ便は2.5cmまでに対してゆうゆうメルカリ便は3cmまでの厚さに扱ってできるです。

 

この0.5cmが相当大きかったりもします。

 

それ以外の発送に関してはらくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便は特に変わりはありません。

 

ゆうゆうメルカリ便は安価にて厚さもゆとりがあるので機能面に優れてますが、配達に時間が必要になる事があるのがデメリットです。

 

らくらくメルカリ便はヤマトが配達をして日にち指定も出来ますが、ゆうゆうメルカリ便はそういう事は出来ません。

 

ただし、早ければ翌日に届いたりもするので急ぎではない購入者からしたら問題なく配達が出来ます。

 

しかも、ゆうゆうメルカリ便はコンビニだとローソンでも発送が出来て有益です。

 

郵便局が近くになかったり、発送先の用紙を出す機械がない郵便局も豊富にあります。

 

その時に24時常に申込み手順が可能なコンビニは相当実用的だと考えます。

 

ゆうゆうメルカリ便は、受け取り評価をしてから売上金より送料が引かれるのでお金を現金で支払う必要もないのです。

 

ゆうゆうメルカリ便を使えばメルカリの中では安い発送方法なので利用しやすくていいと思います。

らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便の違いについて

らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便の違いについて

 

メルカリ便には、らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便がありますが、どっちがリーズナブルかというと発送する商品で変わってきますし、集荷や持ち込み先への利便性なども関わってきます。

 

持ち込みが可能なコンビニも違うので発送する時に有益なほうを使用するとよいでしょう。

 

らくらくメルカリ便は、クロネコヤマトを使用したお値打ちな発送手段です。

 

だいたい使用する大きさを解説します。

 

ネコポス(195円)は、厚さ2.5?以内A4大きさまでですが31.2?×22.8?×厚さ2.5?以内なので、提供されているA4封筒はA4用紙が入るように作られているため配慮が必要です。

 

宅急便なら60?160大きさ(600?1500円)があるのでかなり大きなものでも送れます。

 

これ以上の大きさですと大型らくらくメルカリ便があります。

 

らくらくメルカリ便は、ネコポスと宅急便の間の大きさに宅急便小ぶり(380円)があります。

 

専門箱(65円)に入れての発送です。

 

ゆうゆうメルカリ便にはこの大きさがないのです。

 

その上、ネコポス以外は実費で集荷サービスがあります。

 

使用可能なコンビニは、セブンイレブン、ファミリーマート、サークルKサンクスです。

 

ゆうゆうメルカリ便は、郵便局を活用した安価な発送手段です。

 

大きさは、ゆうパケット(175円)が奥行き3cm以内のA4大きさ(3辺60?以内)までと宅急便60?100大きさのみです。

 

ゆうゆうメルカリ便には集荷サービスはないのです。

 

活用可能なコンビニはローソンです。

 

メルカリ便のマックスのチャームポイントはバックアップがある事と照会番号がつく事、宛名を記述する不可欠がない事です。

 

ですが、定形外郵便にする事で送料が安価になる事もあるので、発送テクニックは出品時にそこそこは決めておいたほうが、売れた時に「思っていたより送料がかかってしまった。

 

」などという事は少なくなると考えます。

 

しかも、売れた後でも発送手段の修正はできるですし、かなりお買い得に設定されているものもあるので上手に使用してください。

おすすめの関連情報

トップへ戻る